投資哲学

投資哲学

もしバフェット太郎さんの予測通り、10年後にダウ平均が10万ドルを超えたらどうするべきか?〜バークシャー編〜

10年後のダウ平均は4万ドル程の価値であり、もし10万ドルになれば適正値の2.5倍の株価です。 その状況では、 バークシャーが保有している株式の価値バークシャー自体の株価 の両方が適正値の2.5倍へ向かうことが予想されま...
投資哲学

もしバフェット太郎さんの予測通り、10年後にダウ平均が10万ドルを超えたらどうするべきか?〜上海総合編〜

もし投資先がダウ平均しか世の中に存在しなければ、株式を減らし、株式の割合を資産の30%程度にすると思います。 しかし実際には、投資先は米国以外にも沢山あります。 株式が最も有利な資産ですから、米国市場が割高になっても他の市場で...
投資哲学

もしバフェット太郎さんの予測通り、10年後にダウ平均が10万ドルを超えたらどうするべきか?〜ダウ編〜

「バリュエーションに応じて株式の割合を25~75%で調節するべき」-ベン・グレアム- 株価はランダムウォーク 2019年現在のダウ平均株価は約26000ドルですが、 急に5万ドルになったり、逆に1万ドルを切る可能性もゼロ...
投資哲学

10年後のダウ平均株価、ピッフィーの予想はバフェット太郎の半分以下の4万ドル☆

今の米国株平均は割高であり、今後10年間の期待利回りは、過去平均を少し下回る8~9%程度になるとピッフィーは予想しています。 米国株は17年周期で動く? バフェット太郎氏は、ベビーブーマーとその子孫の消費により、 米平均...
投資哲学

米国市場も効率的だとは限らない。グレアム村のサルはダーツの的に当てられる。

市場は大抵の場合効率的だが、時に馬鹿げた株価をつける。「いつも」効率的なのと「大抵」効率的なのには雲泥の差がある。- ウォーレン・バフェット- サルのダーツ投げ 「サルのダーツ投げ」という表現をご存知でしょうか? サルを...
投資哲学

バークシャーの株価が暴落して欲しい。日々の株価に一喜一憂は禁物。

ピッフィーです(*^▽^*) 株のブログを見ていると、保有株が下がって 「クソがああああ〜。ミロを持つ手が震える!!」byGE太郎 「ブログ運営一時閉鎖します」by ふんばり投資家 「下落した株を売却して、あ〜〜ス...
投資哲学

【S&P500VSバフェット太郎10種】将来どっちが勝つ? Amazonを買ってリスクヘッジしよう。

ピッフィーの予想では、基本的にはバフェット太郎さんの勝ちです∗*゚ バフェット10種をおさらいしておきましょう。 WMT(ウォルマート)KO(コカ・コーラ)MO(アルトリア)PM(フィリップモリス)PG(P&G)JNJ...